症状別解説

  • HOME>
  • 症状別解説

症状に注目するのではなく
細胞環境を良い状態にする

内科的疾患(生活習慣病)

糖尿病

西洋医学では、糖尿病になると糖質制限をすることになっていますが、これは間違いで、むしろ寿命を縮めることになる場合もあります。人はグルコースという糖がなければ生きていくことはできず、細胞の治癒力も発揮されません。血糖値を乱す原因の一つは肉食ですので、肉を食べるのをできるだけ減少して、穀菜食を中心にするなど、細胞の状態を良くするための治療を行っていきます。

高血圧

血液は、細胞に酸素や栄養素を運ぶという大事な役割を担っています。老化が進むとどうしても動脈硬化が進んでいきますので、身体はきちんと血液を運ぶために血圧を上げる仕組みになっています。実は、血圧が上がるのは必要なことで、薬で強制的に下げると脳に酸素が行かなくなり、逆に認知症になりやすくなったりすることは、最近マスコミでもよく取り上げられるようになりました。薬で血圧を下げるのは、数値を下げているだけで治療にはなっていないのです。

メタボリックシンドローム

太っていると短命なのは、紛れも無い事実です。そのためメタボリックシンドロームの方はやせることが重要です。ただし、間違ったやせ方をしてしまうと、逆に細胞にとって悪影響がありますので、きちんと食事を変えて、健康に、そしてリバウンドしないダイエットをするようにしましょう。

アレルギー・リウマチ科的疾患

アトピー

アトピーなどのアレルギー疾患は、アレルギー物質が原因で発生すると考えられている方がほとんどですが、実はそうではありません。アレルギー物質もウイルスも細菌も大昔から存在していましたが、人間の身体にはそういったものを排除する仕組みがちゃんと備わっているのです。現代社会では細胞の環境が変化して、そういった仕組みが働かなくなってしまい、アトピーなどの患者さまが増えています。当院では、きちんと細胞のこと、腸内環境のことを考えた食事や運動を取り入れた治療を行います。

リウマチ

リウマチも、他の疾患と同様に、症状を抑えるための薬が処方されています。しかし、そもそもリウマチのような疾患が発生したのは、様々な毒の摂取などによって細胞の環境が変化してしまったからです。細胞はリウマチも治す力を持っていますので、そのための環境づくりをしてあげることが重要です。

心療内科・精神科的疾患

うつ病

うつ病の方にとって最悪の結末は、自殺してしまうことです。そして、抗うつ剤は自殺の可能性を高めてしまいます。しかし、今の西洋医学ではうつ病患者さまに抗うつ剤を処方して、一時的にのみうつ状態を抑えこむという治療を行っています。まずは、こういった治療がいかに間違っているかを知るところから始めるようにしましょう。

認知症

認知症は、脳にβアミロイドというタンパク質が蓄積することで起きますが、本来、人間の身体にはオートファジーという悪いタンパク質を食べてくれる仕組みが備わっています。しかし、戦後の間違った食事によってこういった治癒力が働かなくなってしまいました。当院では、ファスティングなどによって、細胞が本来持つ力を発揮させるようにしていきます。

リウマチ

リウマチも、他の疾患と同様に、症状を抑えるための薬が処方されています。しかし、そもそもリウマチのような疾患が発生したのは、様々な毒の摂取などによって細胞の環境が変化してしまったからです。細胞はリウマチも治す力を持っていますので、そのための環境づくりをしてあげることが重要です。

リウマチ

リウマチも、他の疾患と同様に、症状を抑えるための薬が処方されています。しかし、そもそもリウマチのような疾患が発生したのは、様々な毒の摂取などによって細胞の環境が変化してしまったからです。細胞はリウマチも治す力を持っていますので、そのための環境づくりをしてあげることが重要です。